ノンアダルトだと稼げない?裏側を教えます

女性の画像

「チャットレディってエッチなことしないとダメ?」
「アダルトじゃないと稼げないの?」
という質問をよくされます。

チャットレディと聞くと、エロいサービスをするというイメージがあるようです。エッチなやり取りを希望する男性はたしかに多いのですが、必ずしも要求に応える必要はありません。

中には、ノンアダルトで活躍するチャットレディも存在します。ここでは、ノンアダルトとアダルトの働き方の違いや報酬について詳しく掘り下げていきます。

仕事内容の違い
アダルトとノンアダルトの仕事内容における線引きは、脱ぐか脱がないかがポイント。アダルトだと、下着を見せたり一人エッチの様子を見せたり、エッチなパフォーマンスがメインとなります。

自身の姿を見てもらうことが多く、会話は少ないのが特徴です。

ノンアダルトの場合は、世間話をしたり相談に乗ったりなど男性との会話が中心。その分どうすれば男性が喜ぶかを考えて、話を盛り上げられるような工夫が必要です。男心をくすぐるトークスキルを磨けば、ノンアダルトでも働けます。

アダルトの方が高め?報酬の差をズバリ公開!
アダルトとノンアダルトで、報酬の単価が異なるわけではありません。しかしアダルトの需要が高い分、得られるお給料には差が出ています。

歩合制なので報酬額は人によって異なりますが、ノンアダルトは時給に換算すると3,000~4,000円でアダルトは5,000~10,000円だと言われています。

アダルトの方が男性が長くテレビ電話を繋いでくれるので、収入に繋がりやすいんです。しかし、ノンアダルトで働く場合でも長時間話せるテクがあります。

肌を露出するのが苦手なら無理をする必要はありませんが、「この女性は要求に応えてくれそう」と男性に思わせればやり取りが続きやすくなります。

「もう少し話してくれたら下着だけ見せちゃおうかな~」と言葉で匂わせたり、脱ぐそぶりをしたりして男性の気を惹くのがコツ。私も脱ぐのは基本的にNGなので、アダルト目的の男性に対しては脱がずに誘惑するトーク力を研究しています。

自分に合った働き方でないとストレスになって長く続けられないため、できる範囲でサービスしましょう。