知り合いにバレたら危険!身バレのリスク&対策

女性の画像

高収入が狙えるチャットレディですが、身バレのリスクを伴います。

身バレとは、身元を隠しているのに自分がどこの誰なのかバレてしまうという意味です。特にテレビ電話を使うことが多いチャットレディは、自身の姿を男性に見られるので個人が特定されやすいのです。もし身元がバレてしまったら、どうなるのでしょうか。

副業禁止の会社に勤めている場合、上司に知られるとお給料が減らされたり最悪クビになったりするかもしれません。お咎めがなかったとしても、気まずい思いをして人間関係がギクシャクする可能性があります。

本業も副業も安心して続けるために、身バレは絶対に防ぎたいですよね。身バレ対策を学んで、リスク管理を徹底しましょう。

顔バレって何?カメラに映る際の注意点
身元が明らかになる要因の1つに、顔バレがあります。顔バレとは、顔を見られて素性がバレてしまうこと。テレビ電話をする際に、顔全体を映すと顔バレしやすいので危険です。

しかし完全に顔を隠してしまうと、男性客から相手にされません。顔バレを防ぎつつ男性客を誘うには、体の一部を映したり化粧で別人になりきったりするのがオススメです。

例えば、鼻から下だけを映すのが効果的。目を映さないだけでも、正体を隠せます。その分露出度の高い服を着たりコスプレをしたりして、男性の目を引く努力が大切です。

個人情報は死守しよう!
個人情報が漏れると、身バレのリスクが高まります。

個人情報とは、個人が識別できるものを指します。チャットレディとして働く際は、以下の情報を伏せておきましょう。
・本名
・生年月日
・住所
・最寄駅
・連絡先

プロフィールを作成するときや男性とやり取りをする際でも、情報開示には注意が必要です。
「プロフィールに本当の住所を書いちゃった」
「男性会員との会話が盛り上がって連絡先を教えた」
軽い気持ちで教えたつもりでも、ストーカー被害に遭ったり知人に見つかったりとトラブルを招いてしまう恐れがあります。

身元がバレて嫌な思いをしないためにも、個人情報を他人に教えるのは避けましょう。